docomoなどのスマホでは設定がされていて

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、カタログスペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。

一例を挙げると利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

どの事業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、データ回線の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。

通常のスマホや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。

けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMを利用することができます。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、アクセスが増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、値段だけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。

実際にはスマホにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そのような方は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

仮に格安SIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月に1000円程度という料金プランも。

いったん、検討してみても良いと思います。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、ベースとして使って行けるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

こちらもどうぞ⇒格安SIM テザリング xperia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です